レジェンド

レジェンドのバッテリートラブルについて

異常なバッテリーあがりはここチェック!

冬の朝、エンジンをかけようとしら、エンジンがうんともすんとも動かない。そんな経験は誰にでもあるのではないでしょうか?ただ、もしバッテリーを交換したばかりなにこのような症状が出たとしたら多くのかたは途方に暮れるのではないでしょうか。

 

車検前に点検してもらったときに、バッテリーがかなり消耗しているので交換したほうが良いとディーラーで言われたので、すぐにネットで注文し新品のバッテリーに交換したのが2016年の3月でした。それから7か月は何事もなく過ごせたのですが、11月のある日ルームランプを付けっぱなしで3時間ほど放置してしまいバッテリーをあげてしまうことになります。自動車保険の付帯サービスでバッテリーあがりに対応してもらったのですが、その時に言われたのは、一度シッカリ充電しないとまたすぐあがってしまうかもということでした。その言葉通り3日後に車を動かそうとしたところ、車のドアすら開かないというとんでもない状況になってしまいました。

バッテリー

ディーラーの人に来てもらってわかったのは、やはりというか当然というべきかバッテリーあがりでした。1年に2回もバッテリーを交換したことなどありませんでしたが、その方が言うには、充電しなおすのではなく新品に交換したほうが良いとということでまたもや交換することにしたのです。しかし、話はここからが本番です。11月の終わりに新品に交換したばかりの車が、今度は12月に動かなくなるのです。今回はバッテリーがあがるような要素は全く無く、ただ単にカーステレオとエアコンとライト点灯しかしていないにもかかわらずバッテリーあがりを起こしたのでした。

 

これは、きっと発電していないにチガイナイ。

 

そう思ってディーラーで見てもらうことにもらうことにしました。オルタネーターの交換もやむを得ないと考えていたのですが、オルタネーターには何の問題もなく正常に発電しているそうです。しかし、この頃には、エンジンを掛けようとすると必ずセルモーターはうんともすんとも言わないという日々が続いていたのです。実はこれが異常なまでに活躍してくれました。本来であれば問題が解決した場合全く必要が無いにもかかわらずスマホの充電にも使えるこの商品は持っているだけで安心できるとても良いモノです。

 

 

話はそれてしまいましたが、その後は1月に入って一度だけ時間をかけて充電し直してみることで様子を見る事にしてディーラーで充電をお願いしました。フル充電した翌日、セルモーターを回す前に嫌な予感が。そうです。ドアが開かないよ。モバイルバッテリーでエンジンを始動しディーラーに行きました。バッテリーの当たりはずれということもあるのでもう一度バッテリーを新品にしてみては?ということだったので、バッテリーを購入したお店に電話して、これまでの経緯を説明して新品を送ってもらうことにしたのです。

 

ただ、ちょっと引っかかることがあったんで、ディーラーの人には伝えたんですが、そういうことはあり得ない。と言われました。もう一度書いておきます。私が考えたある事は、起こり得ないのだそうです。

 

まだ、実際のところは明らかないなっていませんが、もしも、こんな症状の時には是非ともやってみていただきたいことを書いておきます。

 

それは、シガライターを取り外すということです。
古い車なので、何らかの理由によって押していないけれども電気が流れてしまっている。そういうことがあるような気がするのですね。ディーラーの人は絶対ない。と言っていましたが、わたしはここを疑っています。何故ならば、昨日、シガライターを外して今日エンジンをかけようとしたら普通に始動したからです。実際のところはまだ不確定ですが、同様の症状でお悩みの方がいらっしゃればと思い長々と失礼しました。

ホーム RSS購読 サイトマップ